TALKING DEAD

『TALKING DEAD』(S02E13)パート2

投稿日:

スポンサードリンク

『トーキング・デッド』続きです。
※ここからは、シーズン2最終回までの内容に
詳しく触れています。気をつけてください。
以下のyoutube動画と合わせてお楽しみください。


ク:グレン、君はどれくらい早い段階で誰が死ぬかは
  知ってるの?最初の日から?
$もっさんのブログ
グ:最初の日からじゃないけど、ある程度誰か死ぬかは
決めるけど変更もするのさ。
デールが死ぬ直前に牛の死骸があったけど、
牛ではなくジミーの死体を発見することになってたしね。
ハーシェルも本当はランダルに殺される予定だったのさ。
そしてシェーンがランダルを始末するという流れにね。
実際ハーシェル役のスコット・ウィルソンに
『次の台本で君死ぬから。』って言ってあげたんだよ。
ク:そんな和やかにとんでもないことを言ったの?!!
グ:うん。ごめんね~話を進めなきゃいけないんだよってww
ただ執筆をしながらどうもしっくりこなくてね。
ハーシェルはいいキャラだし、皆好きだし、
納屋が焼け落ちるのを彼が見つめるシーンは
やる価値があると思ったんだ。最終台本を見たスコットは
『前言ってたのは忘れたのかな?』って思っただろうね。
最終的にそういう形になったのさ。
ク:ハーシェルの過去が気になるね。
彼の今までの信念や考え方が裏切られて、
どこに行き着くのかが興味深いよね。
最終回では銃をぶっ放す危ないじいさんになってたもの。
Q:これだけは2人に聞きたいんだけど、ローリは何なんだい?
何でリックに怒ってるの?シェーンを殺すようリックに
仕向けておいてシェーンの肩を持っちゃって!
グ:(ロバートに対し)君が答える?
(君からどうぞ?いえ遠慮しますwwと譲り合う製作陣。。)
グ:彼女は自分自身に怒ってるのさ。
結果的に2人を踊らせてしまったからその事実に
驚愕してるんだ。
ク:文字通りそそのかしてたね。
グ:そうだね。
カ:彼女はシェーンを殺してほしいとは言ってないもの!
グ:ただどうにかしてくれと頼んだんだ。
ク:『どうにかして』ってねww
グ:説得してと言ったのよ殺してとは言ってない!!ってねww
カ:問題をどうにか解決するのは、ほかの方法もあったのにな。
$もっさんのブログ
Q:冒頭のヘリコプターは何?
カ:確かにあれはS1でリックが見たヘリで、ヘリを見て
  ウォーカーが農家に集まってきたね。
また近々見ることになると思うよ。
ロ:希望がまだあるってヒントに思えたわ。違う?
カ:ひょっとしたらメルルが乗ってるかもよ?
ク:何だって?!たった今君は熱烈ブロガー達に
  恥かかせたぞ!
『カークマンがヘリにメルルが乗ってるって言ったぞ
  なう!!!』ってネットで凄い事になってるよ!
皆、さっきのは絶対に違うからね!?落ち着いて!笑
さあじゃあ後ほどのアンケートの投票結果を見てみようか。
あとS3の重大発表がされるよ!
メルルが乗ってるヘリコプターのことじゃなくてね!笑
まずは今週の「TWD噂話」コーナーを見てみよう!
~TWDの撮影裏話のトリビアが字幕で表示されるコーナーに
突入~
『ジミー役アレン・マクキューンはウォーカーに
殺されるシーンがとにかく恐ろしかったそうだ。』
『僕が一番怖いのは生きたまま食べられる事なんだ。
 僕を襲うゾンビ役の皆が死ぬほど怖かったよ。』
『最終回撮影時の夜、気温が27度だったせいでゾンビの
 息がモニターで視認できてしまった。
 死人は通常呼吸をしないため、
 CG加工で全て消去しなければならなかった。』
『デールのキャンピングカーは映画「スペースボール」で
 使われたものと同じモデルである。
 ………ジミーの血しぶき以外。』
グ:ローリーがひと月前からツイッターを始めたから、
  アカウントを是非フォローしてね!
さてロバート、S3の重大発表があるみたいだけど、
さっそく言っちゃって!!
カ:S2の最後で出てきた謎のフードをかぶった女性は、
  原作ファンが分かってる通りミショーンだよ。
写真を写してくれるかな?
発表しよう!ダナイ・グリラがミショーン役に
  大抜擢されたんだ!!
$もっさんのブログ
ク:彼女はとんでもない女だよね…僕の大好きなキャラだよ。
  ミショーンミショーンって僕連発してるけど
  ミショーンって呼んじゃっていい??
カ:なんとでも言えばいいよ。彼女は『トリム』にも
  出るから楽しみにしてて。メールで質問がきてるから、
  時間もないしなるべく多く質問に答えようか!
Q:最後仲間達はリックが別人になってしまったかのように
 反応してるけど、ただ突然の事に動揺してるだけですか?
 それとも本当にリックは変わってしまったでしょうか?
ク:最後リックはもううんざりしてるみたいだね。
グ:間違いなくリックは大きく変化したよ。僕たちは、
 これを『リッ君主制』の始まりと名付けたんだ。
ク:ほう、いいね!どうやってリーダーシップを
これから保つのかな?
グ:農家から脱出できたから、リックは皆の要求に
全部応える段階は過ぎたんだ。
どうやって皆で生き延びるかに終始すると思うよ。
ク:ロバート、『今後の展開は?』なんて君に聞くのも
バカみたいだよね、今S3の執筆中なのに。
他に何かあるかな?
カ:この最終回までの3話でS3がどんなトーンになるのか
  ハッキリできた。ずっとクライマックスだったよね。
このままのペースで行くよ!
ク:ローリー、S3楽しみかい?アンドレアが今後どうなるか。
ロ:友達(ミショーン)ができてとにかく嬉しいわ!
ク:お友達になってくれるといいけどね?
ロ:命の恩人だもの、大親友になれない理由はないでしょ?
ク:僕はわかんないなぁ?
カ:君を食べるために助けたかもしれないよ??
 (意地悪なロバート…)
$もっさんのブログ
ロ:あ~~それはちょっとあれね…
  とにかくS3の撮影がやりたいわ!
ファンのあったかい応援がたくさんあったもの。
TWDの現場に戻りたくてたまらないわ。
ク:何が待ち受けてるかわからないけど、
役者として好きな仕事に戻れるのは楽しいよね!
  みんな楽しみでたまらないよ!あと1個ファンの質問に
  答えられるかな?
Q:カールが次シーズンでゾンビを殺しまくると約束して!!
グ:カールは銃が使えるからね。間違いなくS3で
  大活躍するよ!
  『トーキング・デッド』のウォーカー追悼コーナーで
  紹介されるゾンビを増やすだろうさ。
ク:みんな今夜は本当にありがとう!
  さて、先ほどのアンケート結果を発表するよ!
~アンドレアを救った謎のフードの人物がダントツ1位!~
2位リックが最低野郎になった事
3位刑務所の登場
4位納屋の火事
$もっさんのブログ
ク:おおっミショーンが1位!!!意外な結果じゃないね!
ロ:やった~~!
ク:『トーキング・デッド』を見てくれてありがとう!
このちっちゃな腕でお別れを言うよ!
(ここでクリス、やたら気色悪い小さな片腕のおもちゃで
手を振る)
$もっさんのブログ
トーキング・デッドのおまけ動画は公式AMCで見てね!
この番組は人生で1番楽しい仕事でした!また来年会おう!!
$もっさんのブログ

wpx

スポンサーリンク

wpx

スポンサーリンク

-TALKING DEAD

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

トーキング・デッドS4第14話リジー&ミカ・インタビュー

スポンサードリンク ※ここからは、『ウォーキング・デッド』 シーズン4第14話の内容に触れています。 知りたくない方はご注意ください。 『ウォーキング・デッド』シーズン4 第14話放送終了後の生放送ト …

no image

『トーキング・デッド』S6第9話・第10話アンディ・インタビュー

スポンサードリンク ※ここからは、『ウォーキング・デッド』シーズン6 第9話・第10話の内容、及び 『トーキング・デッド』シーズン6第9話・第10話の内容に 触れています。 知りたくない方はご注意くだ …

no image

『トーキング・デッド』キャストからハーシェルへメッセージ

スポンサードリンク ※ここからは『ウォーキング・デッド』 シーズン4第8話までの内容に触れています。 知りたくない方はご注意ください。 『ウォーキング・デッド』 シーズン4第8話放送直後の生放送トーク …

no image

『トーキング・デッド』アンディー・インタビュー

スポンサードリンク ※ここからは『ウォーキング・デッド』 シーズン4第8話までの内容に触れています。 知りたくない方はご注意ください。 『ウォーキング・デッド』シーズン4 第8話放送終了後の『トーキン …

no image

TWD・S4第8話放送直後の『トーキング・デッド』①

スポンサードリンク ※ここからは、『ウォーキング・デッド』 シーズン4第8話までの内容に触れています。 知りたくない方はご注意ください。 翻訳の補助として、匿名希望さんにお手伝いして頂きました。本当に …

Count per Day

  • 480今日の閲覧数:
  • 1001昨日の閲覧数:
  • 7547116総訪問者数:
  • 2016年11月17日カウント開始日:

アーカイブ

カテゴリー

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9,938人の購読者に加わりましょう