ウェビソード

TWD『webisodes』セリーナ・ヴィンセント・インタビュー

投稿日:

スポンサードリンク

$もっさんのブログ
dreadcentralの情報の翻訳です。
屍人を蘇らせる事が出来るとすれば、それは女優セリーナ・ヴィンセントを置いて
他にいないでしょう。
我々は今朝、『ウォーキング・デッド』のウェビソードである
『コールド・ストレージ(冷凍保存)』での、彼女の役柄について語ってもらいました。
彼女は数々の映画に出演しており、ジャンル映画である『キャビン・フィーバー』
『TATARI(タタリ)』など、ホラーへの出演が特に顕著です。
その彼女に、『コールド・ストレージ』について語ってもらいました。
『本当のところ、このすごく素晴らしい番組に、どんな形であれ関われる事を、
光栄に思ってるのよ。私は完全な「ウォーキング・デッド」のファンなの!
それで、番組の一部の「ウェビソード」に出演できる事になったって分かった時、
心から感謝したわ!』
『コールド・ストレージ』の監督は、
『ウォーキング・デッド』製作総指揮補・特殊メイクのグレッグ・ニコテロ。
セリーナはジョシュ・スチュワート、ダニエル・ローバックと共演します。
『ニコテロとは以前、「THE UNITED MONSTER TALENT AGENCY」っていう
ショートムービーで一緒に仕事した事があるの。
彼と再びセットで一緒になるのを、ワクワクしていたわ!
私自身が、「ウェビソード」を観るのをワクワクしているファンなのよ!』
『銃を撃つのは最高だわ!そして「コールド・ストレージ」に
誰もが大満足してくれると思うわ!グレッグは信じられないほど素晴らしい監督なの!
もちろん、世界中が知っているように、彼はエミー賞やオスカーの受賞者で、
特殊効果の巨匠よ!だけど天才監督なだけじゃないの。彼は親友であり、
この業界では最も謙虚で腰が低くて、思いやりがあり、寛大な人の一人よ。
褒めちぎってるように聞こえるのは分かってるわ。でもそれが私の感想なの。
光栄に思うし、恵まれてるし、ワクワクするの!』
以上です。
前回お伝えしたように、10月1日にAMC公式サイトにおいて、
『ウォーキング・デッド』のサイドストーリーである『ウェビソード』の
第2弾『コールド・ストレージ(冷凍保存)』がネット限定配信されます。
4分×5話に分割されてのオンエアの予定です。
くわしくはこちらをどうぞ。
当ブログでは、前回のウェビソード『引き裂かれた家族』と同様に、
最速で日本語字幕を付けてお届けする予定です。
今回語ってくれたセリーナは、かなり好感触な女優ですね!
ホラー映画によく出ているという時点で期待が持てますね!
いよいよ公開まであと数日と迫ってきました!ご期待下さい!
今回のニュースのソースは以下です。
http://www.dreadcentral.com/news/60094/exclusive-cerina-vincent-talks-walking-dead-cold-storage
$もっさんのブログ

wpx

スポンサーリンク

wpx

スポンサーリンク

-ウェビソード

執筆者:


  1. より:

    SECRET: 0
    PASS:
    自分は、いつか死ぬ身であるという事実から目をそらさずに、
    「では、この命を何に使おうか」
    と、日々、心をねっていたのが、かつてのサムライ達
    実は、よりよく生きるために、
    生を爆発させるために、
    死は存在している
    武士道
    サムライたちが、あれだけ潔く、そして情熱的に人生を生きられたのは、
    「死」をうまく「活用」したから
    いつか死ぬ身であることがハートに落ちたとき、
    サムライスイッチがオンになり
    人は最も強く生きられる
    死の世界を確信へ誘おう
    そう思うウォーキングデッドですよね
    いつもありがとうq(^-^q)

  2. より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「僕が死に方を考えるのは、死ぬためじゃない、生きるためなのだ」
     アンドレ・マルロー(フランスの作家)
    このままの生き方を続けると、人生最後の日、
    90%の確率で後悔することになりそうです。
    こんなアンケート結果があります。
    アメリカで90歳以上のご老人に聞いたものです。
    質問は「90年の人生を振り返って唯一後悔してることはなんですか?」
    これに対して、なんと、90%の人が同じ答えでした。、
    それは……
    「もっと冒険しておけばよかった」
    このままの人生を過ごしたら、人生の最後の瞬間に後悔することになりそうです。
    あの世には、お金も家具も服も家も持ってかえれません。
    だから、財産を失うことは、ほんとうの不幸ではないんです。
    では、この世の最大の不幸はなんでしょう?
    それは・・・
    死ぬ前に後悔することです。
    死ぬ前に後悔することこそ、最大の不幸です。
    しかし、それを避ける方法がたったひとつだけあります。
    いま、この場で死ぬほど後悔すればいいんです。
    いま、この場で一度、しっかり自分の死を想像してればいいんです。
    どういうわけか、人は自分だけは死なないと思っています。
    「死ぬのはいつも他人ばかり」
    画家のマルセル・デュシャンが、そう墓碑銘に刻んだように。
    でも、残念ながら、ワタシ達が死にいたる可能性は100%です。
    生まれた瞬間から1秒1秒、この瞬間も死に近づいています。
    だからこそ、死を恐れるのではなく、
    死をちゃんと「活用」していきましょう。
    そういうことを考えさせてくれるのがウォーキングデッドですよね。

  3. もっさん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >響さん
    コメントありがとうございます!
    確かに死を感じているからこそ、
    生きようとする力が強くなるのかもしれませんね。
    素晴らしいお言葉ありがとうございます!

  4. もっさん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >響さん
    僕はいま、TWDに全力を注いでおり、
    90歳の時に冒険しとけばよかったと
    言わないぐらい、最大の冒険を毎日しています。
    仕事も趣味も全力投球で、それに関しては
    何ら後悔もありません。
    このまま突き進んでいって、死ぬまでTWDを
    追いかけ続けるつもりなので、
    死んだ時も一切の後悔がない、穏やかな顔で
    いることでしょう。

  5. より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私も優雅な老後を送ると信じています
    なぜなら、ハーシェルがリックに「子供を愛せない親もいるんだ…」と語るシーンがありましたよね
    あれと同じような幼少時代を過ごしました。
    だから、このもっさんのブログ
    &TWDに出逢えて最高に幸せなのです
    全力投球で生きてゆきましょう
    素晴らしい言葉をありがとうございます

  6. もっさん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >響さん
    僕もですよwきぐうですねw
    僕も響さんや皆さんに支えられ、
    交流できることが最高に幸せです。
    こちらこそありがとうございます!

もっさん へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

TWDwebisodes 『引き裂かれた家族』

スポンサードリンク 今日は、TWDメディアミックスの記事でも触れた、 TWDユニバースにとって欠かすことの出来ない サイドストーリー、『webisodes』を紹介します。 『引き裂かれた家族』という題 …

『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』外伝『462便』

スポンサードリンク 『ウォーキング・デッド』のスピンオフ 『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』の外伝 『462便』全16話が公開されました。   このミニシリーズは、『フィアー・ザ・ウォー …

(固定記事)ウェビソード『引き裂かれた家族』復活

スポンサードリンク 以前、『ウォーキング・デッド』の ウェブ限定エピソード第1弾『引き裂かれた家族』の 日本語字幕付き動画を作成し、公開しましたが、 著作権の事情により削除されました。 再度アップしま …

no image

TWDウェビソード『Cold Storage(冷凍保存)』第3話・日本語字幕付き

スポンサードリンク 『ウォーキング・デッド』webisodes『cold storage(冷凍保存)』 第3話『選ばれし者たち』の日本語字幕付き動画を作成しました。 チェイスはB.J.に発電機を直すよ …

『ウォーキング・デッド』外伝『レッド・マチェーテ』第3話

スポンサードリンク ※ここからは、『ウォーキング・デッド』 シーズン4第11話、第13話、シーズン5第3話の 内容に詳しく触れています。 知りたくない方はご注意ください。 なお、このブログの『はじめに …

Count per Day

  • 119今日の閲覧数:
  • 156昨日の閲覧数:
  • 7611498総訪問者数:
  • 2016年11月17日カウント開始日:

アーカイブ

カテゴリー

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9,934人の購読者に加わりましょう