ウォーキング・デッド・シーズン7最新情報

『ウォーキング・デッド』視聴制限について

投稿日:2016年11月26日 更新日:

スポンサードリンク

landscape-1459858449-negan-the-walking-dead

※ここからは、『ウォーキング・デッド』
シーズン7第1話の内容に詳しく触れています。

知りたくない方はご注意ください。

なお、原作コミックやこれまでのネタバレや予想も含むネタバレの

コメントを書く場合、必ず『ネタバレ』と警告してください。

警告のないまま書かれたコメントや、

常識の無い誹謗中傷や、みなさんを嫌な気持ちにさせるような

配慮の無いコメントは、今後一切表示させませんのでご了承下さい。

名前を変えて投稿しても、IPアドレスが出るので同じ人だと

分かります。誹謗中傷などを書き込んだ方のIPアドレスは、

コメントを表示させる前に選別し、表示させませんし、

今後一切書き込み自体を拒否する設定をしますのでご了承ください。

『ウォーキング・デッド』シーズン7第1話の残酷シーンについて、
イギリスの放送監視組織『ofcom』の代表が声明を発表しました。

『我々はとても強烈な暴力シーンについて、9時過ぎという早い時間帯に
放送された事が、背景的に正当だったかどうか、調査を開始しています。』

特にイギリスでは、第1話の撲殺シーンについて視聴者から多数の抗議が来た
とのことです。あのシーンを見て激怒し、番組視聴をやめると宣言したファンも
多くいたそうです。

しかし、イギリスで放送された時には、ネガンがエイブラハムを撲殺する所、
グレンの眼が飛び出し、『マギー、君を見つけるよ。』
と言って殴り殺されるシーンなど、かなりの残虐シーンがカットされているとのことです。

それでもなお、かなりの抗議の声が届いたとのことです。

『ウォーキング・デッド』の放送コードは、アメリカでは最高に厳しい
17歳未満の視聴にふさわしくない『TV-MA』になっており、
冒頭とラスト近くで、暴力や性描写について、
親の監督を促す注意と視聴時の警告が表示されています。

他の国でも場合によっては警告が出ます。

暴力や性描写についての警告が2度も表示され、視聴制限も
最高の17歳未満には好ましくないアダルト番組を示す『TV-MA』を採用。

しかもAMCは自ら契約しないと見られないケーブルテレビです。

非常に対策は取られてると感じます。

スポンサードリンク



視聴者が見ているのは、アメリカならケーブルテレビのAMC、
世界で放送を展開しているFOXも衛星放送のチャンネルです。

自らお金を払って見たいから契約するのですし、
チャンネルを変えたらうっかり子供が見たということもない放送形態です。

日本でもイギリスでも、視聴制限のシステムは無いですが、
暴力や性描写に関する警告はしっかりと表示されています。

ですので17歳未満に見せるかどうかは各家庭の自己責任になると思いますし、
放送側の責任は果たしていると感じます。

一方で、TVの監視組織が動くのも仕方ないことでもあります。

人気が出て多くの人の目に止まると、叩かれるのは世の常です。

どんな事にも親、PTAのような存在は子供を守るために動きます。
それに対処せざるを得ないのは放送側としては仕方のないことでしょう。

子供を守りたい親の気持ちも、最もなことだと思います。

しかし忘れないで欲しいです。グロ描写や残酷さがあるからこそ、
その仕打ちを受け続けてもなお立ち上がり、這い上がって生き延びていく
サバイバーの姿にこそ、この番組の真意があると思います。

諦めずに団結して生き抜く事の素晴らしさ。人間賛歌なのです。

第1話がシリーズ中最も残酷で見ていられなくて、
トラウマになる気持ちは本当に良く分かります。

しかし愛してきたキャラが安全ではないことも、
メインキャラでも容赦なく死ぬ所も、何度も見届けてきたはず。

このドラマを見るのには覚悟が要るということです。

シーズン7第1話のシーンを見て、激怒して見るのをやめる気持ちも分かります。

ただ僕の感想としては、ウォーキング・デッドはそんなものであり、
どんなに辛くてもそこから這い上がって生き延びるサバイバーたちに心を打たれ、
彼らの頑張りを見届けて来たのはずっと前からのことです。

『ウォーキング・デッド』の魅力は、ちまたの感動するドラマと根底は同じです。

劣悪な環境と受ける仕打ちには目を背けたくなりますが、
それがあるからこそ、サバイバーの諦めずに必死にもがいて生き延びていく姿が
光り輝いて心に響くのです。

何があってもくじけずファミリーが寄り添って生きる。それは普遍的な魅力です。

僕たちは、リックたちの頑張りをずっと応援してきましたし、
グロ描写も納得した上で、時々目を背けながらも見届けて来ました。

喜びも悲しみも、愛する者の死も一緒に感じて受け止め、乗り越えて来たのです。

だから何の咎めも気にせず誇っていいと思います。

世間の一部が『ウォーキング・デッド』を批難しようが、つまらんと言おうが、
気にしなくていいと思います。

僕ら面白いと思って見続けてる人たちは、こんな素晴らしい作品に出会えて、
みんなで語り合いながら一緒に見届け続けることが出来ている喜びを感じています。

それは誇っていいことですし、。つまらないなら見なければいいのです。

『ウォーキング・デッド』がグロくてけしからんとか、子供に見せるなとか
言う人たちは、極限状態に追い込まれた人間がファミリーと
絆を深めて生き延びていくことがこの番組のテーマであり、それこそが
視聴者の心を鷲掴みにしているということを理解しているのでしょうか?

そんな基本的な重要なことを理解しないままに批難するのは理不尽です。

『ウォーキング・デッド』を小さな子供に見せるべきかどうかの問題は、
以前にも見解を述べさせて頂きました。

生きることや世の中の試練を教えるために、早い時期から教育として見せるなら
それもいいでしょう。

トラウマになるから見せないならそれもいいでしょう。

全ては各家庭の親の自己責任にかかっていて、よその家がとやかく言うことでは
ないと思います。

子供を守るための視聴制限や警告の表示など、セーフティーネットは
十分に張られているのです。

その上で、子供に見せるかどうかは各家庭が監督すればいいと思います。

皆さんは、今回のこの問題、どう思われたでしょうか?

番組の素晴らしさの本質がスルーされ、理不尽に批判されないことを
心から願ってやみません。

">>></p

今回のニュースのソースは以下です。

https://www.thesun.co.uk/tvandshowbiz/2252327/the-walking-dead-loses-six-million-viewers-following-brutal-scenes-as-ofcom-launch-investigation-into-show/

wpx

スポンサーリンク

wpx

スポンサーリンク

-ウォーキング・デッド・シーズン7最新情報

執筆者:


  1. hiro より:

    改めてウォーキングデッドが世界中で注目されていると感じました。
    確かにシーズン7の1話は、今までの中でもかなり残酷だったと思います。
    実際私も、かなりショックで言葉が出ませんでしたし、
    特にグレンはあそこまで演出する必要あったのだろうか?と思いました。

    でも、1話の最後にみんながテーブルを囲んでいるシーンに少し救われました。
    いろんな意見があるけど、それも仕方ないかもしれませんね。

    これからみんながどう乗り越えていくかも楽しみです。

  2. 迷犬ラッシー より:

    もっさん!こんにちは
    アメブロからのもっさんファンです✨

    いつも情報ありがとうございます

    もっさんの言い分はまさにその通りだと僕も思います!!
    観る観ない、観せる観せないは個々の自由ですよね。
    この世に沢山の作品が存在する中、これだけの大ブレーク作
    そりゃ〜賛否両論はあって当然ですよね。

    批判する人達の理由や意図は充分に理解出来ますが…
    一つの作品、物語から得るものも沢山あると僕は思います!
    いや、かならずあると僕は信じてます!
    僕も数え切れないほどの映画や、ドラマなど観てきました!
    そのおかげで考え方や、見方が変わったっと言っても過言ではありません!
    良い作品悪い作品と思うのは個人の自由ですが…
    僕はこの世でマイナスはないと思って生きてます!
    失敗も成功も喜びも、後悔すらも全て経験だと思ってます!

    僕のコメントは少々路線がズレていますが…

    このウォーキング・デッドと言う素晴らしい作品をこれからも観続けていきます!

    もっさん!引き続き情報よろしくお願いしますね
    楽しみにしてます!!

  3. 猫下ネコ娘 より:

    もっさん、いつもブログの更新、最新の情報等…ありがとうございます。

    難しい問題ですね…もっさんの仰る通り
    各家庭で判断し、監視すれば良いと思います。確かにかなりキツイグロ描写は多いドラマだと思うけど、その部分だけで判断して欲しくないですね。
    人間の優しさや強さもキチンと描いている最高のドラマだと思います。

    でも…1話のあのシーンは…
    私の中でいつまでも残っていて
    もう決して思い出したく無いものになってしまいました…

    これから
    リック達が、どのようにして立ち上がっていくのか…頑張れ!リックファミリー!
    いつまでも応援してるよ٩(ˊᗜˋ*)و

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

『ウォーキング・デッド』S7後半 更なる最新フォト7点

スポンサードリンク 情報サイト、エンターテイメント・ウィークリーの情報です。 ※ここからは、『ウォーキング・デッド』 シーズン7後半の内容に触れています。 知りたくない方はご注意ください。 なお、この …

『ウォーキング・デッド』S7第13話 本編映像#1

スポンサードリンク ※ここからは、『ウォーキング・デッド』 シーズン7第13話の内容に詳しく触れています。 知りたくない方はご注意ください。 なお、原作コミックやこれまでのネタバレや予想も含むネタバレ …

『ウォーキング・デッド』シーズン7第8話 本編映像2種

スポンサードリンク ※ここからは、『ウォーキング・デッド』 シーズン7第8話の内容に詳しく触れています。 知りたくない方はご注意ください。 なお、原作コミックやこれまでのネタバレや予想も含むネタバレの …

『ウォーキング・デッド』シーズン7第3話・詳細

スポンサードリンク ※ここからは、『ウォーキング・デッド』 シーズン7第3話の内容に詳しく触れています。 知りたくない方はご注意ください。   なお、このブログの最上段の注意書きの通り、 原 …

『ウォーキング・デッド』S7第13話 予告編

スポンサードリンク ※ここからは、『ウォーキング・デッド』 シーズン7第13話の内容に詳しく触れています。 知りたくない方はご注意ください。 なお、原作コミックやこれまでのネタバレや予想も含むネタバレ …

Count per Day

  • 884今日の閲覧数:
  • 532昨日の閲覧数:
  • 7546031総訪問者数:
  • 2016年11月17日カウント開始日:

アーカイブ

カテゴリー

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9,937人の購読者に加わりましょう